スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インスタンスの生成、初期化

いやぁ未だにアクセスだれもしてくれないんですが(当たり前か)、まぁいいや。これはあくまで「勉強ログ」だから(汗)

今回は、実際オブジェクト生成にはどのようなことしなきゃいけないのかな?っていうことについて書きたいと思います。

@説明開始
【id型】
id型。一言でいうと、Cのint型同様変数の型ではないですが、オブジェクトの型です。宣言方法も全く同じで

id a;


のように宣言できます。これなんで説明したのかっていうと、この後オブジェクトを生成するときに使う変数だからです。まぁ、この変数どこからきたのか?っていわれないようにしときます

【オブジェクト生成】
コレも簡単です。あ、でもその前に一応確認。これからは、インスタンスと言った方が良い場合が増えてきて(今までも強引にオブジェクトって書き続けてきたけど)、さすがに、インスタンスと書かない訳にもいかないので、インスタンスと書きますが、このインスタンスとは?これは、オブジェクトのまとめてあるもの(属性とか)総称ということです。

はい、でインスタンス生成の時には、

[クラス名 alloc ]


と宣言します。こうすることで、インスタンスを作ることができる訳なんですね。ちょっとした例だとクラスAのインスタンス生成の時には

[A alloc ]


と宣言します。

【インスタンスの初期化】
そして、インスタンスの初期化を行います。このように初期化をしてくれるのをイニシャライザと言います。そして、インスタンスを初期化するためには絶対なきゃいけない初期化メソッドのことを「指定イニシャライザ」と呼ぶそうです。この指定イニシャライザはNSObjectには、「init」があります(そういえば、説明するのを忘れていましたが、mac以外(linuxやwin)の場合rootクラスにNSObjectを使うことはできません)。
宣言の方法は、一般的な方法としてインスタンスの生成後すぐに初期化するという方法があります

[[クラス名 alloc ] init ]


はい。そして、さっきのクラスAで考えると、

[[A alloc ] init ]


となります。

追記...
初期化の説明に誤りがありました。
http://small0programmer.blog119.fc2.com/blog-entry-28.html
ここで書き直しております
追記終了

@説明終了

簡単に説明するとこんな感じですかね。

次回はselfとかsuperとかの説明かな?まぁ今回はここまでです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小さなプログラマ

Author:小さなプログラマ
小さなプログラマです。

これはあくまで、「勉強ログ」なので間違っている場合が多々あります。

なので、このブログに書いてあることは、8%くらいの信じ度でお願いします。

間違っているじゃないか!と言われてもあれなので。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。