スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

macプログラミングのための本。っというか、僕が勉強に使った書籍

思えば、macプログラミングの本を本格的に読み始めたのは昨年の12月でした。っで、それまでは、なんかとりあえず、firefoxの右上の検索窓に向かってObjective-Cっと検索かけてみたり、Objective-Cのスペル間違ってたりしました。が、なんか、備忘録みたいなの作っとくといいのかなっと思って、立ち上げたブログがコレですね。

で、最初に読んだ本が。コレ。荻原 剛志さん著の『詳解Objective-C2.0』です。が驚きだったのが、買った直後に改訂版が出た事。がちでorzって感じだったのは置いておき、それ以上に高かったというのが。
http://www.sbcr.jp/products/4797346800.html?sku=4797346800
『詳解Objective-C 2.0』(現在改訂版がありますって上に書いた)
荻原 剛志 著
978-4-7973-4680-0
B5変/1色
560
4410円 (税込)
2008/05/28

とりあえずコピペしてみました。コレは、僕のObjective-Cの知識のほぼすべてをまかなっている本です。っというより、コレを買わなければiphoneないし、Macのプログラミングは始まらないんじゃないかなって思います。とりあえず、高いけど目指すなら買わなきゃいけないバイブル本です。ちなみに、この本の最初にも書いてありますけど、これを読んでも、良いGUIアプリが作れるようになるわけではなく、とにかくObjective-Cを「詳解」に理解する事のできる本です。

で、次が、GUIのテクニックを学んだ本が『Mac OS X Cocoaプログラミング 第3版』です。ちなみに、「たのしいCocoaプログラミング」という本もいいみたいです。が、僕が買ったのは↑です。
http://www.pej-hed.jp/washo/2854.html
著:アーロン・ヒレガス(Aaron Hillegass)
 訳:村上雅章
 刊行:2009年11月
 ページ数:460
 税込価格:4,410円
 ISBN10:4894714469
 ISBN13:9784894714465

です。はい。俗にいう「ヒレガス本」ですね。ヒレガスさんが書いたから「ヒレガス本」です。

まぁまずこの本を読めば幅広くGUIの基礎を勉強できるのではないかなと思いますハイ。

ただ、やはり英語が読めない人間にとって、「appleのクラスを読めば~」っていうのはきついですけどね。
まぁしょうがないことは、しょうがないんですけどね。特に詳解Objective-C2.0は最後の方がかなり「appleのクラスリファレンスを(ry」っていうような内容が多かった気がしなくもないんですが、まあそうするとperlのラクダ本みたいになっちゃうのかもしれないですね。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小さなプログラマ

Author:小さなプログラマ
小さなプログラマです。

これはあくまで、「勉強ログ」なので間違っている場合が多々あります。

なので、このブログに書いてあることは、8%くらいの信じ度でお願いします。

間違っているじゃないか!と言われてもあれなので。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。