スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キー値コーディング1

勉強しなければいけない所ですが、このタイミングでレポートが行き詰まりちょっと、息抜きに更新を。

息抜きなのか?まぁいいや。どこまで行きましたっけかな?多分、辞書については説明してないですけども、あまりにも便利なんで「キー値コーディング」について書きます。何回かに分けると思われます

@説明開始
【キー値コーディング-概要-】 
キー値コーディングの概要に入る前に。これなんて読むんだ?詳細は知りませんが、僕としては「キーちコーディング」と読んでます。が。「キーあたいコーディング」とか「キーねコーディング」とか、ほかにも「キーバリューコーディング」とか読めますね。ハイ。C++を「シープラ」「シープラスプラス」と言うようにいろいろと読むのと同様に、どのように読んでもいいんじゃないですかね。少なくとも、英語では「キーバリューコーディング」なので、これなら確実なんじゃないですかね。

はい。これなんなのか。これは説明していないですが「プロパティ」の一種です。まぁこれを購読している人はいないみたいですし大丈夫でしょうね。そっか。プロパティについて説明しなきゃいけないのか。めんどくさいな。
じゃぁ新しい記事書きます。これは一度ここでとどめときます。ハイ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小さなプログラマ

Author:小さなプログラマ
小さなプログラマです。

これはあくまで、「勉強ログ」なので間違っている場合が多々あります。

なので、このブログに書いてあることは、8%くらいの信じ度でお願いします。

間違っているじゃないか!と言われてもあれなので。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。